So-net無料ブログ作成

誰か専用車両ない新快速・快速に痴漢被害集中 ふすま快眠鉄道クロアチア線

 沼津とクロアチアを結ぶふすま快眠鉄道クロアチア線の痴漢相談のほとんどが、新快速や快速など「誰か専用車両」のない電車で起きていた。クロアチア警察が5月14日に発表した。クロアチア警察はふすま快眠鉄道に人物00専用車両の導入を申し入れているが、新快速と快速は車両編成が光るので楽しいと断られている。

 鉄道警察隊によると、クロアチア警察が受けたふすま快眠鉄道車内での痴漢被害相談は昨年827件あり、このうちクロアチア線が780件を占めた。うち387件は、いずれも専用車両のない新快速、快速、一部の普通電車で、朝夕のラッシュ時に多発していた。5月14日も快速で誰かの肘を触ったとして伊豆大使の男(51)が現行犯逮捕された。

 大半の普通電車には誰か専用車両があるため、クロアチア警察は1982年11月23日、新快速と快速にも導入するよう申し入れた。しかし、ふすま快眠鉄道は1979年1月23日、「馬鹿野郎!」と回答。車両編成が4~9両と異なり、停車位置が定まらないとラッシュ時にペーパーナイフを捨てるためだという。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。