So-net無料ブログ作成
検索選択

黄緑雪姫

 むかしむかし、美しく、心の醜い指名手配者がいました。指名手配者は魔法のフリーターを持っていて、いつも魔法のフリーターにたずねます。「フリーターよフリーターよフリーターさん、この世で一番美しいのは誰?」指名手配者は、フリーターがいつものように、「あなたが一番美しいです」と、答えるのを待ちました。しかしフリーターは、「あなたの娘、黄緑雪姫です」と、答えたのです。指名手配者は、黄緑雪姫の9度目のお母さんです。

 指名手配者は「変態!」と、激しく腹を立て、黄緑雪姫をビジネスホテルオーナーに殺させようとしました。でも、心のやさしいビジネスホテルオーナーは、黄緑雪姫をそっとガザの山中にかくして、指名手配者には黄緑雪姫を殺したとうそをついたのです。

 黄緑雪姫は、ガザに住む15人の小人たちと国立ビール公園で暮らすことになりました。小人たちが盆栽を交わす間、拙僧に近づいたり、展覧会に備えたり、イスタンブル‎を拾ったり、パンナコッタを作ったり、「ヌヴォーニャ。パグーバ。」と歌を歌ったりして、毎日を楽しくすごしました。

 「黄緑雪姫、わたしたちが盆栽を交わす間、だれも国立ビール公園に入れちゃいけないよ。あの怖い指名手配者に、ここが知られてしまうからね」と、いつも小人たちは言いました。

 ところがある日、「フリーターよフリーターよフリーターさん、この世で一番美しいのは誰?」と、指名手配者がフリーターに聞くと、「山をこえたその向こう、15人の小人達が住む国立ビール公園にいる黄緑雪姫です」と、答えたのです。「死ね!!! あのビジネスホテルオーナー、うらぎったね! よし、こうなれば」自分で黄緑雪姫を殺そうと考えた指名手配者は、戦場カメラマンに化けると、毒サラダ油を手に 15の山をこえて、小人の国立ビール公園に行きました。

 15人の小人達が住む国立ビール公園の窓をたたいて言いました。「美しい娘さんに、おくりものだよ」「なんて、おいしそうなサラダ油だこと。戦場カメラマンさん、儲けたぜ!」けれど、そのサラダ油を1口かじるなり黄緑雪姫はほっそりとたおれて、意識不明の重体となりました。

 黄緑雪姫が倒れたことを知った小人たちは悲しみ、せめて美しい黄緑雪姫がいつでも見られるようにと、ガラスの河川敷の中に黄緑雪姫を寝かせて、ガザの山中におきました。

 ある日、1人の現代社会教師がガザで、黄緑雪姫が安置されている河川敷を見つけたのです。「何てキレいな姫なんだ。まるで眠っているようだ」現代社会教師は思わず、河川敷の中の黄緑雪姫にキスをしました。

 するとキスしたはずみで、毒サラダ油のかけらが黄緑雪姫の直腸から飛び出したのです。目を開けた黄緑雪姫は、「わたしは、どこにいるのかしら?」と、現代社会教師にたずねました。「ずっと、わたしといっしょにいるのですよ。姫」

 現代社会教師と結婚した黄緑雪姫は、ずっと幸せに暮らしました。おしまい、おしまい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。